人気教材

カテゴリ: 自己啓発



巷で願いを叶えると言われている「引き寄せの法則」
潜在意識の力を活用すれば、それによって願いを現実にできるというこの法則は、
セットのように「アファメーション」という言葉が出てきます。
「私はお金持ちです」というふうに言葉にすることで(アファメーションすることで)
その言葉が現実になるといわれていますが、
実際のところ、アファメーションで理想を叶えた人はどのくらいいるのでしょうか?
多くの方が、アファメーションについて数々の誤解をし、
効果を出せないまま諦めてしまっているのが現状のように思います。
そこで、アファメーションについて正しい理解を深めるための解説を行いました。
なぜ効かない人がいるのか?
効かせるためには何をすればよいのか?
これを読めば、わかるはずです。

さらに、アファメーションの効果を上げるための誘導音声も作りました。
この音声もあわせて活用していただければ、今度こそきっとあなたの理想は現実のものとなる。
そんな自信を持ってお届けいたします。

>>>アファメーションの効果アップ。あなたを声で導きます。

 



なぜ、思うように合気道を上達させられないんでしょうか?

その答えはとてもシンプルで正しい稽古をしていないからです。
合気道は自分が持っている力を無理なく自然の理に従った動きに基づいて発揮する合理的な動作の組み合わせから成り立っています。
言葉にするのは簡単ですがこれを理解し実践するには正しい稽古による基本動作の習得以外にはありません。

逆に言えば 正しい稽古を積み重ねる事で短期間に上達する事は可能です。
ですが、そもそも何が正しい稽古か分からないという人もいれば、実は分かっているつもりになっているだけの人もいます。

こうしたそもそも分かっていない場合は当然ですが、断片的な知識や表面上の理解で分かった気になっていたり、本や人の意見を聞いているうちに何が正しいかわからなくなってしまったり、迷ったり、それらは上達を妨げる原因となっていきます。



<a href="https://www.infotop.jp/click.php?aid=20574&iid=74177">>>>合気道上達革命~技と受け技術の全て~【合気道本部道場長 植芝充央 指導・監修】</a>



バドミントンに限らずなんでもそうですが、誰でもすぐに上達する魔法のような方法は存在しません。練習なくして実力はつきませんから当然ですよね。

でも、これは逆に考えると練習さえすれば実力がつくということです。正確に言うなら“適切な練習”をすれば、バドミントンはうまくなっていきます。結果、試合でも勝てるようになるわけです。

なかなかうまくならないとか、ライバルにどんどん差をつけられているとか、後から始めた人に抜かれそうだ、というのは才能がどうこうというよりも、普段の練習の内容と量が問題になっていることがほとんどでしょう。

あなたもお察しのとおり、バドミントン上達のカギを握るのは練習です。いくら知識としてこうしたらいいということが分かっても、練習をとおして身につけられなければ意味はありません。

あなたが指導者なら適切な練習をやらせていると自信を持って言えるでしょうか?あなたが選手なら適切な練習ができていると自信を持って思えるでしょうか?

自己流でなんとなく良さそうだと思って練習や今までずっとやってきたからというだけの理由で今の練習を続けている人もいるのではないでしょうか?

本当に効果があるか分からない方法だったり、前からやっているから惰性でやっているなんてこともあるでしょう。それでは残念ながら無駄な練習をして時間だけを無駄に使うことになりかねません。

「じゃあその適切な練習というのは何なの?」

と疑問に思いますよね。そこが最大のポイントになるわけですから。

答えはとてもシンプルです。強いチーム、結果を出しているところがどんな練習をしているか知って同じように練習することです。同じようにといっても単に見よう見真似では意味がありません。その練習に秘められた意図や理由といった表面だけを見ていては分からない部分にこそポイントが隠されているからです。

どんな内容の練習をどんな意図でやっているのか?
というところまでしっかりと理解した上で適切な練習を行なうことがポイントです。
もちろん、技術的なポイントも押さえながら。

「そうは言っても具体的にどうしたらいいか分からない……」

という声が聞こえてきそうですが、心配いりません。日本トップレベルとも言えるバドミントン技術と練習方法をあなたにお届けしようと思っているからです。

日本トップレベルと言い切れるのはナショナルチーム(A代表)がどんな練習をしているのか? コーチの解説付きでお届けしようと思っているからです。日本を代表して世界大会でプレーする選手たちがやっている練習方法を徹底解剖してあなたにお届けします。

そのために協力していただいたのが、冒頭付近で触れた中西洋介さんです。中西さんは現役時代には日本ユニシスで活躍していた元日本代表選手の一人でもあり、今はコーチとして日本代表を指導しています。

そんな中西さんが実演している様子はもちろん、良い例と悪い例を比較しながらどんなやり方がいいのか解説していたり、日本代表は何を重要視してどんな練習をしているか? ということを映像にまとめていただきDVDとして編集しました。

しかも、モデルとして出演している選手は、インターハイ、全国選抜大会ともに8連覇の偉業を成し遂げている全国屈指の名門校、埼玉栄高校のバドミントン部員です。あなたが中高生の指導者や親御さん、プレイヤーならこれだけでも相当な価値があると思います。

結果、日本トップレベルと言えるバドミントン選手がどんな狙いをもってどんな練習をやっているのか? ということが効果的に分かる非常に価値あるDVDに仕上がりました。

>>>バドミントンシングルス勝つための必勝法と練習の極意【日本代表コーチ 中西洋介 指導・監修】

 

 

卓球をちょっとでもやったことがあればだれでもご存知「サーブ最強説」。
卓球という球技においてサーブは最も他者に影響されない技術と言われています。
自由自在に回転を出すことが出来てフォームや長さは勿論、どこからどこを狙って
打ち出すかまで誰にも邪魔されず…なのだから当たり前と言えば当たり前。

サーブがこれだけ有利なのですから、必然的にレシーブは不利
なんですよね。
厄介な難しい技術、レシーブ。 ラリーが続かないどころか素人だと返球も難しい。

卓球あるあるですね。
「うんうんホントそう」という声が聞こえて来そうです。

でも…もしこの「サーブ絶対的有利説」を覆すことが出来たら…?
元々サーブ側が有利、ではその特権を持ち続けたまま
レシーブをも有利とする技術が身に付いたら…?
試合は全てあなた自身の思うままに運んでいきますよね。

「そんなことが可能なら良いな」を現実にしましょう。

◆ お悩みチェックリスト ◆

✔サーブに対しレシーブは絶対に不利であると強く思っている
✔カットマンとしての才能がない
✔相手にサービス権がある場合、ほぼ毎回失点する
✔レシーブどころかサーブからの攻撃でも格上の選手には叶わない
✔ラリーに繋げるのが苦手
✔相手の3球目攻撃に備えることが出来ない
✔認めたくはないが…自分は弱小選手である

上記チェックリストにひとつでも当てはまった方はこのままもう少しお付き合いください。

レシーブ側に立った時に不利なのは覆せないからサーブ技術を強化して補う
という試合運びは戦術のひとつ。
それは間違いではないかもしれないけれど、サーブでもレシーブでも有利にできたら
「勝つことも出来る」から「毎回勝つ」に変わる、という実に簡単な方程式です。

「毎回勝つ」試合運びをものにするためご紹介したいのがこの
滝川第二高校卓球部が全国の強豪と戦うために考え出された
「 不利な状況を覆す!『レシーブからの攻撃』」なのです。

>>>卓球レシーブ攻略プログラム~レシーブからの攻撃、的確な判断で戦うレシーブ戦略~ 【滝川第二高校卓球部監督 松尾政英 指導】

 

 



①記憶するのは大の苦手だけど、

たま~~に、乾いたスポンジが水を吸うように

記憶できるような明晰な時がある。

その状態をいつでも好きな時に再現できたらなぁ~。

②勉強前にイヤホンを耳に突っ込んでMP3を10分聞くだけで、

意識の明晰さ、読解力、記憶力が1、4倍になるとしたら、

それを聞かないで、普通に勉強するのって勿体ないと思いませんか?

勉強ができない人は、意識を教科書に向けることに心理的なブロックやネガティブがあります。

それを取り除くには心理療法ワークを実践すれば良いのです。

勉強に心理療法がとてつもなく役立つって知ってました?

更にそれだけではありません。

③頭がいっぱいいっぱいになる人、ならない人、

その頭のキャパシティー(許容量)って変えられるの知ってました?

とあるセミナーで出会った政治家の息子でイギリスのO大学を卒業した超エリートが、

こっそりと明かした政治家の家庭に代々伝わる

一子相伝の勉強法。

秘技、潜在意識覚醒法、「ウツワ換え」の秘法とは?

これら、勉強法の数々の秘法を余すことなく公開!!

>>>プロの催眠術師が仕掛ける。あなたを天才にする驚異の勉強法。メンタルブロックを取り除くと潜在意識が動き出す。右脳ではない左脳でもない! 秘密は心にあった。

 

 

このページのトップヘ